がんで
苦しむ人や
悲しむ人を
なくしたい

日本対がん協会の活動内容
皆さまのご寄付は、幅広い
がん征圧活動に役立てられます

がんで
苦しむ人や
悲しむ人を
なくしたい
日本対がん協会の活動内容
皆さまのご寄付は、幅広い
がん征圧活動に役立てられます

日本対がん協会は、1958年から60年以上にわたり民間の立場でがん対策に取り組んでいます。皆さまのご寄付は、日本対がん協会の幅広い活動を通じて、「がんになっても希望をもって暮らせる社会」を築きます。

1年に100万人近くの日本人ががんと診断され、
37万人の日本人ががんで命をおとしています。

1981年以来、がんは死因の1位です。生涯で2人に1人が罹患し、毎年全死亡者の約3分の1を占めます。2020年は37万8,385人(*)ががんで亡くなりました。主な要因は高齢化ですが、禁煙は罹患リスクを抑え、科学的根拠に基づくがん検診は死亡率を下げることができます。わたしたちは「がんで苦しむ人や悲しむ人を1人でも減らす」ため、大きく3つの活動を行っています。

*出典:2020年人口動態統計(確定数)

新たな課題に対応した対がん活動

コロナ禍によるがん検診の受診控えで早期発見への影響が心配されています。がん検診受診者数の回復など新たな課題にも対応しています。

コロナ渦の中での啓発活動

2020年以降、コロナ禍のがん検診やがん診療への影響を多くのメディアが報じています。支部や学会との協力によって得たデータやタイムリーな情報を、メディアへ提供するとともに、機関紙『対がん協会報』や協会ホームページ、SNSで積極的に発信して、「コロナ下でも『がん検診』は必要です」と警鐘を鳴らし続けています。

デジタルクーポンイメージ

がん検診無料デジタルクーポン

コロナ禍で減ったがん検診受診者数の回復につなげるため、従来の無料クーポン(紙製)をデジタル化し、スマートフォンなどで手軽に入手できるようにしました。プレゼントキャンペーンも展開し、入手後に未利用の方には受診を促します。

HPVワクチンに関する情報提供

子宮頸がんの原因であるヒトパピローマウイルス(HPV)感染を防ぐHPVワクチンの予防接種は2022年4月、自治体から接種対象者への個別案内などが再開されました。 協会は、こうした情報を機関紙や啓発リーフレット、研修会などを通じて発信しています。公式サイトでは「HPVワクチン接種に関するQ&A」をまとめたページを公開しました。

がん予防・
がん検診の推進

がん予防や、早期発見に力を注いでいきます。

科学的根拠に基づき、がん予防として特に禁煙を推進し、検診の受診率および精度の向上に取り組んでいます。

◎一次予防の啓発

がんを予防するためには、たばこを吸わないことが最も効果的です。日本のたばこ対策は世界的に見て遅れており、早急な対策が必要です。がんについての正しい知識をもつためのがん教育も重要であり、子どもだけでなく、働く世代を中心とした大人のヘルスリテラシーの向上にも取り組んでいきます。

特別授業「対談編」撮影風景

啓発ツールのWEB展開

二松学舎大学附属柏中学校で行ったがん教育の特別授業を「対談編」と「講義編」の2回に分けて映像化し、日本対がん協会の公式YouTubeチャンネルにて公開しています。がんについて関心を持つ「きっかけ」作りに努めています。
がん教育特別授業(講義編)「Dr.奥仲によるがんの授業」
がん教育特別授業(対談編)「漱石アンドロイド×Dr.奥仲」

◎禁煙を中心としたアクションの推進

がん予防の中心に掲げるのは「禁煙推進」。2018年に発表した禁煙の重要性を広く社会に訴える「タバコゼロ宣言」もその一つです。今後、多くの人をたばこの害から守るため、オンラインでの情報発信やがん教育を通じて、禁煙を強く推進していきます。

2022年度禁煙ポスター

禁煙啓発ツールの制作

毎年禁煙ポスターの制作を続け、禁煙リーフレットも制作するなどし、禁煙推進を図っています。近年では企業や健康保険組合などからの問い合わせが増え、病院や自治体以外でのニーズも高まっています。

◎日本対がん協会グループの検診

検診車
写真提供:千葉県支部(公益財団法人ちば県民保健予防財団)

日本対がん協会は、全国のグループ支部と協力して、胃、大腸、肺、乳房、子宮頸などのがん検診を行っています。年間で1千万人以上が受診しており、対がん協会発足以来の延べ受診者数は4億人を超えています。これは住民検診の実施機関としては日本最大の規模です。

◎受診率向上や新しい検診手法の開発をめざして

写真提供:埼玉県支部(公益財団法人埼玉県健康づくり事業団)

国立がん研究センターや大学などの研究機関、企業と協力し、がん検診の受診率向上や新しい検診手法の開発に向けた研究に積極的に取り組んでいます。

・受診率向上策の実証事業
・血液検査で乳がん発見へ
・検診無料クーポンの発行

詳細はこちらよりご覧ください

がん患者・
家族の支援

がん患者や家族の方たちに寄り添っていきます。

がんと向き合う人が安心して暮らせる社会づくりに取り組んでいます。

リレー・フォー・ライフ

がん患者さんやそのご家族を支援するために、地域全体でがんと向き合うチャリティ活動です。各地でがん患者さんやサバイバー、支援者の方々が、交代で夜通し歩き、寄付を募ります。この活動は1985年に、アメリカの腫瘍外科医ゴルディー・クラットさんが、米国対がん協会への寄付を集めるため、24時間走ったことからはじまりました。今では世界30か国、約4,500か所で開催されており、日本では当協会と各地域の実行委員会が協力して、2006年、つくばでのプレ開催から活動しています。

がん相談ホットライン

看護師や社会福祉士が、患者さんや家族、大切な人などからの相談を受けます。 がんに関する疑問や心配、不安を抱えた時に患者ご本人だけでなく、ご家族や大切な方、どなたでもご利用いただけます。 治療や副作用、退院後の生活、仕事やお金のこと、家族とのこと、再発の不安など尽きない不安や心配な気持ちに寄り添います。2014年以降、年間相談件数は、10,000件を超えております。様々な相談に応じられるよう、ホットラインの体制を整えるとともに、相談の質の維持、向上に努めています。 また、がん相談ホットラインの他にも社会保険労務士が治療の過程や、体調・気持ちに合わせた「働き方」や「働くこと」についてご相談をお受けしています。

社会保険労務士による「がんと就労」電話相談

国立がん研究センターがん対策情報センターの推計などによると、がんと診断される方の3人に1人は就労世代(20~64歳)。 厚生労働省の推計によると、がんを治療しながら働いている人は全国で約32万5,000人。約68%の人が、がん治療後に元の職場に復帰している一方で約3 5 %の人が、がんと診断されたこと によって依願退職・解雇で仕事を失っているという調査結果もあります。当協会では、社会保険労務士が、がんと診断された時の職場への伝え方、傷病手当や障害年金など利用できる制度や、経済的なサポートなどについてご相談をお受けしています。

がんサバイバー・クラブ運営

がんサバイバーとその家族を支援するため、2017年に発足した事業です。一度でもがんと診断されたことのある人の「治りたい」「普通の生活がしたい」という 思いや、家族や大切な人を「支えたい」という気持ちをサポートします。ウェブサイトやSNSを通じて信頼できる情報を提供したり、患者どうしが実際に会って 交流できるイベントなどを定期的に開催しているほか、2019年には「サバイバーネット」もスタートしました。

(サバイバーネット)
がんサバイバーやその家族をつなぐSNSを立ち上げました。外出のむずかしい患者も、いつでも仲間と交流することができ、オンライン上で患者会のようなグループを作ることも可能です。

正しい知識の
普及啓発

正しい情報を広く伝えて、がんへの理解を深めていきます。

情報社会の中で、正しい知識を広めるために普及啓発活動を行っています。

ピンクリボンフェスティバル

「ピンクリボンフェスティバル」は、乳がん検診の大切さを伝え、患者を支えることを目的とした日本最大級のピンクリボンイベントです。ここ数年、著名な方々が勇気をもって乳がんを公表されたことにより、乳がんへの関心はかつてないほど高まっていますが、まだまだ定期的に検診を受ける人は少ないのが現状です。今後も、さまざまなアプローチでメッセージを伝えていきます。

(スマイルウォーク)
乳がんは、早期発見・早期治療で9 0%以上の方が治ると言われています。そのためには、定期的な検診の受診が欠かせません。スマイルウオークは、参加者がピンクのグッズを身に着け、街をウオーキングすることで、乳がん検診の受診を呼びかけるイベントです。2018年には東京で3,600人、神戸で約2,100人が参加しました。

(シンポジウム)
「乳がんの最新治療と心のケア」をテーマにしたシンポジウムは、毎年多くのお申し込みをいただく人気イベントです。治療法や薬など最前線の医療情報について、またがんとどう向き合えばよいかについて、専門医が講演を行うほか、サバイバーのゲストを迎えて、トークも行われます。患者とその家族をサポートするための、さまざまなブースが出展する「なかまcafé」も同時に開催しています。

がん教育

日本人の2人に1人ががんにかかる時代です。しかし、大人も含めて正しい知識を知る機会が少ないのが現状です。日本対がん協会は子どものころからがんについての正しい知識を伝えることが大切だと考え、国の動きに先駆けて、2009年に「がん教育基金」を設けて、小中高校生へのがん教育に着手し、全国の学校でがん教育モデル授業を開いたり、がん教育の副教材を作成したりしています。

リーフレット・パンフレットの活用

がん検診に関するリーフレットと女性特有のがんに関するリーフレットを発行しています。 リーフレットはグループ支部や自治体などで啓発活動に使用されています。

がん征圧月間

1960年から、毎年9月の「がん征圧月間」に「がん征圧全国大会」を開催しています。前日には記念シンポジウムを開催し、講演やパネルディスカッションなども行っています。第52回となる2018年のがん征圧全国大会では歌手・エッセイストで乳がんサバイバーのアグネス・チャンさんが講演。全国の対がん協会グループ支部や、患者団体の関係者など約1,400人が参加しました。

がん治療専門家の育成

がん治療をますます進化させるためには、広い視野を持ち、患者に寄り添える優秀な医師の育成が欠かせません。日本での臨床試験を推進し、地域のがん医療に貢献できる若手医師を育成するため、リレー・フォー・ライフ・ジャパンで寄せられた寄付金をもとに「リレー・フォー・ライフ・マイ・オンコロジー・ドリーム奨励賞」を設けています。受賞者は、世界的に有名ながんの専門機関「テキサス大学MDアンダーソンがんセンター」「シカゴ大学医学部」で1年間、留学研修を受けることができます。2010年からこれまで18人を送り出し、2019年は3人の医師の授賞式を行いました。

がんの研究助成

アメリカではリレー・フォー・ライフに寄せられた寄付金によって、白血病などの新薬「グリベック」が開発されました。日本でも、当協会が設立した「リレー・フォー・ライフ・ジャパン プロジェクト未来」によって、特に、がん患者とその家族を支援する研究を助成しています。新しい治療や新薬の開発、また患者のクオリティー・オブ・ライフを改善させる研究について、1件あたり最大300万円を助成。7回目となる2018年は67件の応募があり、新しいがん免疫療法や、白血病予防の研究、患者の子どもに対する心理的・社会的支援の研究など20件がえらばれました。

医療従事者向け研修会の開催

がんを早期発見するためには、検診の受診を促すと同時に、検診の精度を上げることも非常に大切です。医療従事者の技術向上のため、乳房の超音波とマンモグラフィの技術講習会、保健師・看護師研修会を開催しました。例年がん検診に携わる専門家に技術向上の機会を提供しています。

継続的なご支援が、がんで苦しむ人や悲しむ人をなくす力になります。

生活習慣の変化や高齢化などにより、がんになる方、なくなる方が増加。一方で5年生存率は60%を超えるようになり、「がん=死」ではなく「治癒できる病気」になってきています。
たがいに支えあい、誰もが希望をもって暮らせる社会をつくるために、継続的なご支援をよろしくお願いいたします。